求人案内 - 株式会社 珍來総本店

食の仕事を目指す人へ…

将来のことを考えてみてください。

  1. 家族、仕事にめぐまれ、充実した人生。
  2. いきあたりばったりで、不安、不確実な人生。

あなたは、どちらを選びますか?

Aを選ぶなら、人生に必要なモノは「技」と「志」です。
そして、『食』の業界で働くなら、流れ作業の一部になるのではなく、一人前の料理人になれる道を選んでください。珍來なら、中華料理の技術を身につけ、店を経営するノウハウを学ぶことができます。将来は、独立して経営者になることも可能です。

今が“人生のスタート”、あなたの道を選ぶ大事な時なのです。
珍來は「夢」を実現しようとする人を求めています。

社長のことば

技術を身につけて人生の設計図を描きましょう

らーめんを通して、すべての人を幸せにしたい
弊社は昭和三年(1929年)創業、私は三代目の社長です。好景気の時代、戦争の時代、天災の年もありましたが、幾多の時代を越え、支那ソバと呼ばれた時代からあたたかい“らーめん”を作り、お客さまに愛されて90年、実績を積み重ねてまいりました。
その過程で、ノレン分けで多くの独立経営者を輩出しました。今日、チェーン展開するラーメン店は数多くありますが、当社はその第一号です。なぜ当社が多くの独立経営者を生むことができたのか、それは第一に仕事の“やり甲斐”にあります。スープから作った自分の料理をお客さまが目の前で「美味しかった」と言ってくださる、自分の努力次第で店を繁盛店に導くことができる、仕事に対する成果が実感できるのです。独立支援のシステムも整っています。
今、社会に一歩を踏み出す皆さん、当社で専門職としての調理の技術、経営ノウハウを学び、人と接する中で自身を成長させていきましょう。チーフ、店長、社長になることも夢ではありません。私についてきてください。

株式会社 珍來総本店 社長 清水秀逸

清水秀逸社長

「珍栄会」とは

“独立支援制度”あります。

正式名称を「事業協同組合珍栄会中華チェーン」といいます。創業以来、任意団体として存在していたものを、先代社長・清水和圭が事業協同組合として法人化したものです。メンバーは、珍來で職人として一人前になり、ノレン分けして自分の店をもったオーナーたちです。会の主な目的は、独立開業する仲間を支援することです。開業資金援助、開業に際してのアドバイス、仲間としての応援を積極的に行います。また、親睦、研究、研修活動、新入社員教育なども行っています。